真言宗 正覚院

〒824-0021 福岡県行橋市字馬場420-1
TEL:0930-23-6002 / FAX:0930-24-5852

祈祷について
人はその時に、おかれた環境で様々の心境に遭遇します。悩み苦しむだけでなく、信じる勇気を持ち、明るく心安らぐことが肝心です。
護摩修行・護摩焚き

◇御護摩祈祷とは

御護摩とは、お不動さまを本尊としてその前に壇を設け、護摩木という特別な薪をたいて、諸々の願いを成就することを祈る真言密教の修法です。護摩の火はお不動さまの智慧を象徴し、薪は煩悩を表しています。護摩の祈祷を通じて、むさぼり、いかり、おろかさという心の迷いをお不動さまの智慧の炎で焼きつくし、願望を清め、すみやかに成就するよう祈念いたします。

御祈祷は、書式をダウンロードした後に、内容を記入後、FAXにてお申し込み下さい。

不動明王様

◇加持祈祷(かじきとう)とは

「加持とは、如来の大悲と衆生の信心とを表す。仏日の影、衆生の心水に現ずるを加といい、行者の心水よく仏日を感ずるを持と名づく」 お不動さまの大慈悲が、私たちの心に働きかけてくださるのが「加」であり、私たちが、それを信心の中に受けとめることが「持」です。このような「加持」の精神に立って、 御護摩の修法を行ない、祈りをささげる儀式が加持祈祷です。御護摩を修する導師は、修法の間、お不動さまと信者との三者が一つにとけ合うことを常に念じています。ご信徒の皆さまも、 御護摩に参列の折に、ご一緒にご真言をお唱えし不動明王様の御利益をお受け下さい。

加持祈祷